JAL

JALのステータス会員制度「FLY ONプログラム」とは?条件・特典・メリットを完全解説!

みなさんこんにちは。けみです。

飛行機をよく利用する人の多くが所有する上級会員ステータス。
最近では、その特典を享受すべく専ら上級会員ステータス取得を目的に飛行機に乗りまくる「ステータス修行」というものが、テレビでも取り上げられるほど。

というわけで、今回は、

  • JALの上級会員制度ってどんなものなの?
  • JALの上級会員制度にはどんな魅力があって、どうすれば取得できるの?

こんな疑問をお持ちの方にぜひ読んでいただきたい、JALのステータス会員制度「FLY ONプログラム」について、詳しく解説したいと思います。

執筆者に関する情報

・JAL利用回数100回以上
・JAL上級会員歴3年以上
・ダイヤモンド会員(2021年度現在)

JALのステータス会員プログラム「FLY ONプログラム」とは?

FLY ONプログラムの概要

世界の大手航空会社の多くが用意している上級会員向けプログラム(FFP; Frequent Flyer Program)。JALでは「FLY ONプログラム」という名称です。

JALでは、毎年1月〜12月の、以下に示すいずれかの搭乗実績に基づいて、上級会員ステータスが付与されます。

  • 「FLY ONポイント」の、所定ポイント数の獲得
  • 所定回数の搭乗かつ「FLY ONポイント」の、所定ポイント数の獲得

そして付与されたステータスに応じて、ステータス達成の最速約1週間後(一部サービス)〜翌々年3月末日(全てのサービス)まで、一般会員にはない特別なサービスが受けられます。

ただし、獲得したステータスは、その先ずっと継続するわけではないので、毎年条件達成のために飛行機を利用しないと、基本的に資格は継続できません。

しかし、「JALグローバルクラブ」という上級会員組織に入会できれば、話が変わってきます。

JALグローバルクラブ(JGC)とは?〜最大のメリットは、生涯、JALの上級会員。〜みなさんこんにちは。けみです。 JALステータス会員制度「FLY ONプログラム」でステータスを獲得した暁にはぜひ入会しておきたい...

FLY ONポイント(FOP)の仕組み

FLY ONポイント(FOP)とは、「マイル」のように何かに交換ができるものではなく、
専らステータス決定のためだけに使われるポイントのこと。

原則、飛行機への搭乗でしか積算されません。

FLY ONポイント(FOP)は、以下の計算式で算出されます。

(画像出典:JALホームページ)

ひとつずつ、見ていきましょう。

フライトマイル

その名の通り、フライト(=飛行機への搭乗)で貯まるマイルのこと。

区間マイル×マイル積算率で算出します。マイル積算率は、以下の通り。

【国内線】

航空券種 マイル積算率
正規運賃 100%
割引運賃 75%
ツアー航空券等 50%

※ファーストクラス利用時:+50%、クラスJ利用時:+10%加算されます。

【国際線】

搭乗クラス マイル積算率
150%
125%・75%
100%・70%
100%・70%・50%・30%

(画像出典:JALホームページ)

FLY ONポイント換算率

以下のように、行き先方面別にポイント換算率に調整がかかっています。

路線区分 調整倍率
日本国内線 2倍
JAL便の日本発着 アジア・オセアニア線、ウラジオストク線 1.5倍
上記以外の国際線 1倍

これは、相対的に短距離の日本国内線やアジア線利用者が極度に不利にならないようにするため。
先ほどのFOP計算式からわかるように、FOPを決定する最重要要素は、路線距離(区間マイル)に応じたフライトマイルですが、もしここだけでFOPを決定してしまうと、かなり格差が生まれてしまいます。

搭乗ボーナスFLY ONポイント

簡単に言えば、おまけポイントのこと。

【JALグループ国内線】

運賃種別 付与される搭乗ボーナスFOP
大人普通運賃、小児普通運賃、往復割引、JALビジネスきっぷ、eビジネス、株主割引、障がい者割引、介護帰省割引、特便割引1、特便割引3、特便割引7、特便割引21、離島割引、特別往復割引など 400FOP
特別乗継割引、小児特別乗継割引、障がい者特別乗継割引、乗継割引7 200FOP
先得割引タイプA、先得割引タイプB、スーパー先得、ウルトラ先得、当日シニア割引、おともdeマイル割引、乗継割引28、スカイメイト、特典航空券、個人包括旅行運賃、包括旅行運賃、団体割引運賃、修学旅行運賃 0FOP

【JAL国際線】

運賃種別 付与される搭乗ボーナスFOP
航空券のCLASS欄に「F」「A」「J」「C」「D」「X」「I」「W」「R」*1「E」*2「Y」「B」「H」「K」「M」「L」「V」「S」と印字されているもの
*1 2019年10月1日搭乗分から対象。
*2 パッケージツアー利用時は対象外。
400FOP
上記以外の運賃(個人包括旅行運賃など) 0FOP

となります。なお、国際線航空券の中に日本国内線(=国際線出発空港までの国内線区間)が含まれる場合は、(2)の表に従いますが、2021年2月1日以降は、以下のように変更されます。

運賃種別 付与される搭乗ボーナスFOP
Y 400FOP
H 400FOP
M 400FOP
E 0FOP
O 0FOP
G 0FOP

「より高い運賃種別の航空券を購入した場合に付与され、安い航空券の場合は付与されない」と覚えておくのがいいでしょう。

なお、各路線ごとのFOPは、JALの専用Webページでシミュレーション可能です。

各サービスステータス・取得条件

JALには、大別して「公式に」4種類のステータスが存在し、取得条件もそれぞれ異なります。上からステータスの高い順に、ステータス達成条件をまとめました。

ステータス FLY ONポイント条件 搭乗回数+FLY ONポイント条件
・100,000FOP以上
(うちJALグループ便50,000FOP)以上
・120回以上
(うちJALグループ便60回以上)
・35,000FOP以上
・80,000FOP以上
(うちJALグループ便40,000FOP)以上
・80回以上
(うちJALグループ便40回以上)
・25,000FOP以上
・50,000FOP以上
(うちJALグループ便25,000FOP)以上
・50回以上
(うちJALグループ便25回以上)
・15,000FOP以上
・30,000FOP以上
(うちJALグループ便15,000FOP)以上
・30回以上
(うちJALグループ便15回以上)
・10,000FOP以上

  (画像出典:JALホームページ)

※「JGCプレミア」は、上記条件に先立って、JALの上級会員組織「JALグローバルクラブ」への入会が条件となります。

なお、JALカード会員であれば、マイル積算対象運賃での毎年初回の搭乗時に、5,000FOPがボーナスポイントとして積算されます。したがって実質的に搭乗で集めなければならないFOPは、上の達成要件より5,000FOP少なくなります。

(なお、ステータスの種類数をあえて「公式に」と表現したのにはワケがあります。後ほど解説しますが、「早く知りたい」という方は、こちらをクリックしてください。)

各サービスステイタスのメリット・特典

FLY ONプログラムのメリットは、その充実のサービス・特典!
受けられるサービス・特典はステータスによって異なります。
以下では、シーン別に、受けられる特典をまとめています。

サービス



予約時  
専用予約デスク
国内線先行予約    
優先キャンセル待ち
国内線ダイヤモンド特典航空券      
前方座席指定
JAL国際線機内販売事前予約    
搭乗時  
専用カウンターでのチェックイン
JALグローバルクラブエントランス
空港での優先空席待ち
受託手荷物許容量の優待
ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場
ファストセキュリティレーン
航空会社ラウンジ利用
優先搭乗
搭乗後  
プライオリティバゲージ
ボーナスマイル
(JAL、アメリカン航空)
130% 105% 105%  55% 
ボーナスマイル
(ブリティッシュエアウェイズ)
100% 100% 100%  25% 
ボーナスマイル
(イベリア航空)
100% 100% 50%  25% 
その他  
マイル有効期限廃止
パイロット体験航空教室
JALとっておきの逸品
新羅免税店優待
サービスセレクション

※備考
■:成田空港第2ターミナル発のJAL国際線利用時のみ可能
●:ファーストクラスラウンジ(国際線)、ダイヤモンド・プレミアラウンジ(国内線)
◎:サクララウンジ(国際線・国内線)
▲:国内線普通席利用時不可
△:国際線利用時のみ

JALは、国際航空連合のoneworldに加盟しています。各社ステータス基準はoneworldステータスに対応していて、oneworld加盟会社便(例:ブリティッシュエアウェイズ(英国)、アメリカン航空(米国)、カンタス航空(豪州)など)を利用するときにも、多くのステータスサービスを受けられます。
JALステータスの場合、以下のような対応関係にあり、oneworld加盟会社便利用時には、先ほどの表の赤字になっている特典が受けられます。

FLY ON
ステータス
oneworld
ステータス

エメラルド

エメラルド

サファイア

 ルビー 

(画像出典:JALサイト、スリランカ航空サイト、Boarding Areaサイト)

FLY ONステータスの効力が大きく発揮されるのは、サファイア以上のステータスを達成したとき。明らかに特典のラインナップが充実しているのがわかります。逆に、クリスタルだと大した特典はないので、言い方は悪いですが、踏み台くらいに思っておくのがいいです(笑)

そして、サファイアステータスに到達すると、JALグローバルクラブという上級会員組織への入会資格が与えられます。これ、ずっとJALのステータス会員でいられるとっても美味しいクラブなので、どうせステータス獲得するならサファイア以上を目指しましょう!

このうち、特にメリットの大きいサービスを6つ詳説します。

FLY ONステータスのメリット6選① 優先チェックイン

GWや夏休み、冬休みの移動ラッシュ時の、空港でのチェックイン待ち行列の映像は、みなさん一度はご覧になったことがあるでしょう。

それが特に旅先・帰省先からの帰りだと、ただでさえ疲れている時にさらにチェックイン待ちでストレスのダブルパンチ…。

しかし、ステータス会員であれば、専用チェックインカウンターがあるのでスイスイ。

FLY ONステータスのメリット6選② 手荷物許容量の優待

個数と荷物1個あたりの重量は以下の通り。

【国内線】

ファーストクラス クラスJ・普通席
FOPステータス会員 通常プラス20kg以内
※非JGCのクリスタル会員の場合
→通常プラス10kg以内
通常プラス20kg以内
※非JGCのクリスタル会員の場合
→通常プラス10kg以内
一般会員(通常) 〜45kg 〜20kg

※個数制限はなし

【国際線】

ファースト・ビジネス プレミアムエコノミー・エコノミー
FOPステータス会員 4個・32kg 3個・32kg
(非JGCのクリスタル会員は23kg)
一般会員(通常) 3個・32kg 2個・23kg

特に旅先からの帰りに絶大な効力を発揮するサービスですね。

ついお土産を買いすぎてスーツケースの重量が…っていう心配も無用。

ステータス会員であれば、受託手荷物の重量・個数許容量の優待が受けられます。

FLY ONステータスのメリット6選③ ラウンジサービス

おそらくステータス会員になることの最大のメリットが、このラウンジサービスではないでしょうか。

国際線ラウンジだと食事・アルコール・シャワーなど全て無料の充実のサービス。

出発前にリラックスできる空間です。

そして先ほど解説した通り、oneworld系列会社便を利用する場合も、ラウンジは利用可能。JALのラウンジはもちろん、oneworld系列会社のラウンジが利用できます。

例えば、シンガポール・チャンギ空港だと、ブリティッシュエアウェイズラウンジ。

そしてフィンランド・ヘルシンキだと、フィンエアーラウンジ。

FLY ONステータスのメリット6選④ 優先搭乗

FLY ONステータスを持っていれば、搭乗クラスに関わらず、一般利用者に先駆けて優先的に搭乗可能です。

FLY ONステータスのメリット6選⑤ プライオリティバゲージ

空港到着後、早く観光に行きたい!疲れたから早く帰りたい!という時には、早く荷物が出てくるのは特に嬉しいもの。国際線で海外の空港に到着した後だと、入国審査を終えてバゲージクレーム(手荷物受取所)に着いた時には、優先返却対象の荷物が既に出てきているということもしばしば。

FLY ONステータスのメリット6選⑥ ボーナスマイル

ステータスの魅力といえば、多くのステータスホルダーが「ラウンジの利用」と口を揃えて言うはず。もちろん私もありがたく利用させていただいています。

ですが、この「ボーナスマイル」、有償利用するときは案外馬鹿にできないです。(私自身は、比較的有償利用が多いので、ラウンジに次ぐメリットの大きさだと思っています。)

マイル積算数は、路線・距離・搭乗クラス・航空券の等級(ブッキングクラス)・持っているJALカードの種類など、複合的な条件下で積算されます。

例えば、こんな条件を考えてみます。

  • 利用路線:東京〜ロンドン(往復)
  • 利用航空会社:JAL
  • 搭乗クラス:エコノミークラス
  • 運賃種別:S(=マイル積算率50%)
  • 保有JALカード:JALカード(普通カード)

この時、ステータスの有無だけでも、積算マイルの差はなんと最大7,456マイルも。

ダイヤモンド サファイア ステータス無し
獲得マイル数
(往復)
14,292マイル 12,738マイル 6,836マイル

そして、このマイル数で何かできるかというと、こんな感じ。

ダイヤモンド サファイア ステータス無し
価値換算 国内線特典航空券1往復分
(東京ー大阪/小松など)
国内線特典航空券1往復分
(東京ー大阪/小松など)
国内線特典航空券片道分
(東京ー大阪/小松など)

また、JALカードには、年会費¥2,200で加入できる「ツアープレミアム」というオプションがあります。これは、JALの割引運賃やツアーの利用時に、合計で区間マイル100%のマイルがもらえるもの。

上記のステータス条件に加えて、ツアープレミアムをつけると、同じ属性であっても獲得できるマイルがこんなに増えます!

ダイヤモンド サファイア ステータス無し
獲得マイル数
(往復)
20,506マイル 18,952マイル 13,050マイル

そして、このマイル数で何ができるかというと、こんな感じ。

ダイヤモンド サファイア ステータス無し
価値換算 国際線特典航空券1往復分
(東京ー香港/グアムなど)
国際線特典航空券1往復分
(名古屋ー台北)
国内線特典航空券1往復分
(東京ー大阪/小松など)

※エコノミークラス利用

つまり、ツアープレミアムオプションをつけたJALカードを持ち、サファイア以上のステータスを獲得できれば、有償搭乗を1回するとタダでもう1回海外に行けてしまうこともあるのです!(但し、燃油サーチャージ等の支払いは必要)

JALのステータス会員制度の番外編:メタル会員とは?

先ほど、「JALのステータスは『公式に』4つ」と意味ありげに書きました。なぜ、そんな書き方をしたのか。その理由が、今から解説する「メタル会員」というものです。

「メタル会員」は、公式には最上級ステータスのダイヤモンド会員の中のごく一部の会員のみに付与される特別なステータス。ステータスとして存在しているものの、JALの公式サイトには、一切の情報が公開されておらず、概要や条件など全く不明の「裏ステータス」なのです。それゆえ、「公式」なステータスとしてカウントしなかった、というわけです。

ステータス会員サービス自体は、ダイヤモンド会員のものと変わりはないのですが、チタニウム製の特別なステータスカードが送られてくるのだとか。

これまでに様々な情報を集計した限り、少なくともダイヤモンドステータスの要件をクリアしていれば、FOP数や搭乗回数は、絶対的な条件にはなっていないようです。というのも、メタル会員の方々のFOP数にはかなりばらつきがあるからです。加えて、上級会員組織JALグローバルクラブ(JGC)への入会も絶対的な条件ではないようです(JGC非会員でもメタル会員の方がおられるようです)。

とは言え、何らかの理由(条件)があって資格が付与されているはず。少なくとも、ダイヤモンド会員であって、ステータスに関わらず人として恥ずかしくない振る舞いをすることが最低限の条件なのかなと思います。

今回のまとめ

今回のまとめです。

  • 「FLY ONプログラム」は、JALの利用者であれば、ぜひ1度は取得してみたいステータス会員制度。
  • ただし、資格は期限付き。もし継続したければ、毎年飛行機に有償で乗りまくるか、JALグローバルクラブへの入会が必要。
  • 旅行時に嬉しい特典が満載。

皆さんも、ぜひJALのFLY ONステータスを獲得して、充実した飛行機旅に出かけてみてください。

今回はここまで。最後までご覧いただき、ありがとうございました。